マテ茶の飲用効果
http://www.matecha-kyokai.jp/study.html

食欲・消化促進、滋養、疲労回復、ビタミン補給など多岐にわたるとされています。他の嗜好飲料と含有成分を比較すると、葉緑素、鉄分、カル シウム、カリウムが多く鉄と化合して腸内吸収を妨げるタンニンやカフェインのような刺激性のアルカロイドが少ない。こうしたミネラル分が人間の筋肉、消化器系、神経系、泌尿器などへの生理作用に良い結果をもたらすものと考えられています。

1.抗肥満効果

肥満は糖尿病、高血圧などのメタボリックシンドローム発症にかかわる。したがって、肥満を防ぐことは生活習慣病の予防にとって非常に重要な課題である。高脂肪食を8週間与えて肥満状態になった動物(マウス)にマテ茶抽出物を摂取させたところ、体重増加が抑制されること、また血清中の中性脂肪やLDL-コレステロールの濃度が減少することが報告されている1-3)。Pangら1)は、高脂肪食の摂取によって誘導される脂肪組織での脂肪合成経路の亢進がマテ茶の摂取により抑制され、その結果、脂肪蓄積の減少を引き起こしていることを示唆した。一方Martinsら3)は、試験管内での実験において、マテ茶抽出物が脂肪の吸収に重要な働きをする膵リパーゼ活性を阻害することを見出しており、この消化酵素であるリパーゼ活性阻害が動物における体重減少や血清中の中性脂肪やLDL-コレステロール濃度の低下をもたらしたと推測している。さらに、ヨーロッパではヒトへの応用について研究されている。すなわちデンマークのCharlottenlundメディカルセンターの肥満研究グループは、マテ茶およびガラナやダミアナなどの植物抽出物の入ったカプセル(112mgマテ茶抽出物、95mgガラナ抽出物、36mgダミアナ抽出物含有)を肥満患者に45日間投与(3カプセル/日)したところ、体重が顕著に減少したことを報告している4)。さらに、同様の研究はイギリスのLeeds大学などでも実施され、その効果が確認されている5)。

2.抗酸化作用、抗動脈硬化作用

体内で産生された活性酸素は、細胞膜やタンパク質および核酸などを酸化させることによって細胞を障害し、多くの病気を引き起こすと考えられている。したがって、活性酸素を消去することは健康維持に重要である。ヒトは抗酸化酵素系と抗酸化物質系の2つのシステムによって体内で産生された活性酸素を消去し、身体を防御する機能を有している。
マテ茶にはポリフェノールの含有量が多いことから、その抗酸化能は緑茶やワインなどよりも高いことが見出されている6-7)。さらにサンパウロ大学のMatsumotoらは、マテ茶を飲んだ健康な若い女性の血液中のグルタチオンペルオキシダーゼ、スーパーオキシドジスムターゼおよびカタラーゼなどの活性酸素消去系酵素の発現が上昇することを見出している8)。
動脈硬化は活性酸素が原因で発症する。動脈硬化を引き起こす要因はLDL-コレステロールの活性酸素による酸化である。マテ茶にはLDL-コレステロールの血漿中の濃度を低下させるという報告9)と、さらにLDL-コレステロールの酸化を抑制する効果のあることも報告されている10)。これらの結果は、マテ茶を日常に飲用することは、酸化ストレスから体を保護することができることを示唆している。

3.糖尿病に対する作用

高血糖がつづくと糖化産物(AGE)が産生される。このAGE の形成は糖尿病の合併症を引き起こすといわれている。AGEを少しでも身体の中に発生しないように努めることが糖尿病やその他の生活習慣病を予防するために重要なことである。マテ茶はAGE形成を抑制する作用を有することが報告されている11)。

4.記憶障害に対する作用

マテ茶には認知能力を改善させる効果があると古くからいわれていたが、最近、マテ茶を摂取したマウスを用いたモーリス水迷路試験の結果から、マウスの学習・記憶能力が高まることが明らかにされ、その古くから言われていた効果について実証された12)。さらにマテ茶によるパーキンソン病予防効果の可能性についても報告されている。この研究は、薬剤によってマウスの大脳に障害を与えるパーキンソン病モデルを用いて、マテ茶を摂取すると、その障害が保護されたことを報告している13)。これらの研究は、神経系の障害に対してもマテ茶が有効に作用するであろうこと、またその作用はマテ茶の持つ強い抗酸化作用によることを示唆している。

5.ガンとの関わり

マテ茶の飲用とガン、特に口腔、食道部位でのガン発生との関連に関するケースコントロール研究により因果関係のあることを示唆する報告14, 15)がある。
これらの論文において、ガン発生リスクを高める因子としてマテ茶の飲用温度あるいは発ガン性物質の存在が示唆されている。伝統的なマテ茶の飲用はボンビラ(bombilla)という茶器と金属製のストローを用いるのが一般的である。この飲用法では高温のお茶が直接に口腔内や食道に触れることになるため、高温によって炎症がおこり、ガン発症に関係する。一方、マテ茶に含まれる発ガン物質の存在が示唆されたが、現在まで発ガン物質の存在は確認されていない。
マテ茶の飲用と前立腺ガンに関するケースコントロール研究ではボンビラを用いた飲用との因果関係はみられるが、ティーバッグタイプのマテ茶の飲用ではその因果関係は認められないということが報告されている16)。また口腔ガンや食道ガンにおいても冷やしたマテ茶を飲用している場合は、これらのガンの発生とは関係しないことが報告されている17)。ガン予防法の一つに熱い物を摂取しないこととあるように、マテ茶に限らずその他の飲料も高温の状態で飲用しないことが重要であると考えられる。他方、抗ガン性に関する動物レベル研究ではマテ茶抽出物にガン抑制作用があることが報告されている18)。

以上のことから、マテ茶は生活習慣病を予防する効果を有することが期待できる。

---------------------------------------------------------------------------

http://www.as2.net/store/article/28.html
瑪黛茶自16世紀發現至今已有400多年的歷史,一直風靡南美州地區民眾和發達國家的上流社會享有“南美仙草”、“天賜神茶”、“上帝萬能藥”等美譽。該茶做為兒童早餐的必需添加物,已列入阿根廷法典;同時也是阿根廷運動員必備飲品。

就如咖啡一樣,瑪黛茶能刺激中樞神經系統,並具有利尿功效,還能增加心臟收縮力,影響心跳節奏,並分解體內的糖份及脂肪。瑪黛茶被廣泛用於對付疲勞,此外,還被發現有助於改善心悸及心臟衰弱。和大多數興奮劑一樣,瑪黛茶具有提神醒腦的功效,但許多專家表示,瑪黛茶並沒有其他類似複合物常見的副作用,其中包括焦慮不安、腹瀉、心悸。瑪黛茶有助改善精神及體能的疲勞,同時也是利尿劑,可將水份排出體外,在世界各地被廣泛用作回春、提神及刺激警覺性的食品。

瑪黛茶的主要成份是瑪黛茶葉。瑪黛茶葉原產於南美洲,生長在海拔5000公尺的安地斯高原。萃取物當中含有天然多酚和皂素等希有微量元素。還有鋅、鐵、鉻、硒等微量元素,能調解體質、促進新陳代謝、幫助維持腸胃消化機能及加速血液循環、神經循環等功效。其五大功效如下:

一. 心臟及血液循環系統

長飲瑪黛茶非但可以維持心臟血管正常動作,亦有預防功效。

二. 腸胃消化系統

瑪黛茶具有清腸健胃的功能,有關研究報告顯示,瑪黛茶可以增強消化能力,減緩各種腸胃損傷和疾病。便秘患者常飲瑪黛茶,能夠改善病情。

三. 抗憂鬱提神醒腦

研究指出,等量的咖啡豆跟等量的瑪黛茶,其中兩者所含的咖啡因,瑪黛茶大約只有咖啡豆 1/3 的含量。瑪黛茶還含有特有的瑪黛因(咖啡因的同分異構體),除了能跟咖啡因一樣的提神醒腦,它還有緩和情緒和抗憂鬱的效果,使人心情開朗。

提神的同時,瑪黛茶卻不會引起無法睡眠的情況。多年的飲用歷史和科學研究證實瑪黛茶可促進更好的睡眠。這是瑪黛茶與眾不同的特殊功能之一。瑪黛茶可以失眠患者睡眠品質。

四. 抗衰老延年益壽

瑪黛茶它所含的茶多酚比綠茶更多,它所含的營養素跟礦物質也很多。不可否認,綠茶對身體很好,多喝綠茶有益身體見康,但是我們以前並不知道,其實瑪黛茶更好。

五. 提高免疫力

根據眾多南美洲文告記載,瑪黛茶能提高身體的免疫能力,激發身體器官對各種疾病的天然抵抗力。這種特別功能也就是說明瞭,為什麼那些經常飲用瑪黛茶的病患者都康複得很快。

瑪黛茶是一種來自南美洲的茶, 號稱是世界三大名茶之一, 也是南美洲最受歡迎的茶。瑪黛茶的味道,有點甘甜,有點似牛蒡加混合了的中草藥味(不苦那類),很難形容,但入口容易,夠特別,清淡的味道有點像日本的煎茶, 用來提神也不錯。

其營養價值非常高, 含有人體所需的 24 種維他命, 15 種氨基酸和 11 種強效抗氧化多酚、食物纖維等, 所以有淨腸、解便秘、去水腫、瘦身之功效。 瑪黛茶在細胞再生過程中也發揮極大功用, 不僅含豐富的營養素可以抗衰老、美白、清除暗瘡, 也能補充飲食容易欠缺的營養而提升人體健康素質。

近年有研究顯示, 瑪黛茶含有的瑪黛因 (mateina) 成份, 更能降低膽固醇, 預防糖尿病、胃潰瘍等疾病, 所以也有 "奇蹟茶" 之美號。 南美人也喜用甜菊葉來增添瑪黛茶等的甜味, 經烘焙後的瑪黛茶 (Roasted Mate tea)帶著像咖啡的甘香味, 也可隨個人喜好加入糖、牛奶等, 在歐美十分廣受喜愛咖啡人士歡迎

瑪黛茶很巴閉似的,說是"世界三大茶"之一,被世各國多位醫學權威推崇,有"上帝的飲品"及"奇蹟茶"之美譽。嘩嘩嘩,真係覺得有點誇。

不過呢,其例出來的茶效又好普通,包含有助調節血糖、膽固醇;亦具利尿去水腫、清腸健胃、幫助消化,促進血循環之效;以均衡免疫系統,使人體機能得以健全發展。瑪黛茶另含促進腦部敏銳力的成分,有助集中精神及提升注意力,同時亦能舒緩疲勞,改善睡眠質素。其實這些功效在其他普通茶也常見,點都好,買它都是因下面所說的那兩點:

1. 瑪黛茶有抗氧化作用

瑪黛茶在植物中維生素 含量最高。有很強的抗氧化作用。可排除掉會攻擊細胞導致各種疾病的自由基。可提高人體免疫力。

2. 瑪黛茶有健胃整腸及減肥的效果

瑪黛茶可幫助消化、促進腸胃擩動、有助解決便秘及增進人體對碳水化合物之利用,一方面控制飲食,一方面提供養份,可控制食欲及溫和的利尿作用,經常飲用可有效控制體重。

漢齊博士(Dr. WALTER HANSCHILD) 科學研究報告表示,瑪黛茶助長以下身體功能:智能、記憶力、血壓回復正常、性能力、體能、營養的吸收力、血液循環能力,最奇怪是它能減低酒癮及減緩疲倦及情緒低落!其他教授的研究,不多說了,簡單一句就是,能夠預防百病,有病則減輕症狀。

瑪黛茶對高血壓、糖尿病、膽固醇、各式各樣感冒病毒有預防效果,增強免疫力人所共知,它竟然對哮喘、胃病、腎臟病、貧血、肝病、精神病、痔瘡、肺病、青春豆等皮膚病也有效就真是難以想像,看來是每天一小包是不飲不行的了。每天一包,用熱水沖飲3-12杯左右,部份人飲用後會有3-7天不適的現象,那是身體康復過程中的必經[反射]現象,事後不但這些現象全失,身體明顯好轉!瑪黛茶,是100%天然健康綠茶,它含有極高的營養價值,不寒涼也不燥熱,對人體有新陳代謝保健功能,具有豐的維他命A、B1、B2、B3、B5及C、E以及礦物質、磷質、鐵質、鈣質、鎂質、鉀質、鈉質、硒質、臘質、蛋白質、碳水化合物、纖維質、單寧酸、葉綠素,且含有十六種人體需要的蛋白質,絕無人工色素或其他 雜質,是阿根廷三千萬人口的健康泉源。瑪黛茶,是男女老少皆宜的飲品,深受各界人士歡迎,味道清涼提神,對健康非常有益,常飲能驅除疲勞,促使精力充沛,增強體質,刺激腦部的活動力, 令人體產生一股非常愉快的舒適,尤其是女士們,都期望有雪白潤滑的肌膚,瑪黛茶是屬於綠茶而茶中的維他命C,有使皮膚細柔、富彈性、亮麗潔白之功效。

適量飲用瑪黛茶,可幫助調理尿酸、失眠、疲勞、便秘、多餘脂肪、痘痘及維持血糖、心臟血管、血壓正常運作,給予人體無限的好處。
創作者介紹

MKM麥麥家的生草Blog

MIKI麥娘 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()